【大阪・阪神間・京都・奈良】 絵画買取、版画、骨董、彫刻の鑑定・査定いたします
【大阪・阪神間・京都・奈良】 絵画買取、版画、骨董、彫刻の鑑定・査定いたします
HOME
ご案内
取扱い作家
過去の展覧会
オンラインショッピング
国内作家
外国絵画
版画
彫刻
Information
買取り査定・お問い合わせ
会社案内
特定商取引について
YOD Gallery(現代美術)
CONTACT
今日の逸品
外国絵画

■外国絵画

【特定商取引法に基づく表記】
特定商取引法に基づく表記は“購入する”ボタンをクリックすると表示されます。
内容をご確認頂き、“注文画面”へお進み下さい。

※作品をご注文前に当画廊にて実際にご覧になりたいお客様は、下記の“購入する”に
 進まずに、左枠Informationにあります“買取査定・お問合わせ”フォームからご連絡ください。


カレル・アペル 【作品名:愛すべき動物たち】
詳細説明 ■形態:額装(サイズ:67.5x81.5cm)
■備考:1959年【左下にサイン】

【カレル・アペル 略歴】

■1921年 オランダに生まれる。

■1940年から43年にかけて、国立美術アカデミーで学ぶ。

■1946年 オランダで初個展を開き、パリのサロン・ド・メにも出品。

■1948年 アレシンスキー、コルネイユらと共に、コブラ(参加した画家達の出身地コペンハーゲン、ブリュッセル、アムステルダムの頭文字をつなげたもの)を結成する。

■1954年 ヴェネチア・ビエンナーレで奨励賞を受賞。

■1958年 パリ、ユネスコ本部の壁画も手がける。また世界各地で個展が開かれている。

戦後の抽象における表現主義的傾向を代表するこのグループは、個人的幻想を直接に表現しようとした。アペルは、ナイフで絵具をキャンバスに叩きつけたり、ひきずったりして描いた。民族芸術や子供の絵にも興味を示し、色や線というよりは創造行為の熱っぽさを反映した荒々しいイメージを重視した。アンフォルメルや、日本の具体グループ、またアメリカの抽象表現主義との関わりもよく指摘されるところである。

価格(税込) 売却済み---円
技法 紙にグアッシュ・水彩・パステル
サイズ 49.5×63.0cm
絵画買取、版画、骨董、彫刻の査定、鑑定なら大阪の淀画廊
COPYRIGHT(C)2006 株式会社淀画廊 ALL RIGHTS RESERVED. 大阪